スポーツ選手が大事な試合を控えた際のインタビューで、よく「いい準備をしたい」と答えています。いい準備、これは勉強にも当てはまると思います。定期テスト・検定・入試など本番で失敗しないために、そして悔いを残さないように準備をしなけれなりません。テスト勉強をするときに、教科書を写したり同じ英単語や漢字ばかりひたすらノートに書いたりしているだけでは、いい準備とは言えません。たくさん文字を書いてノートが埋まったら、なんとなく勉強した気分になってしまいます。なんとなく、が一番危ないのです。自分にとって何をすることがいい準備なのか、そのあたりも心がけてほしいと思います。