小学生は1人1個、タイマーを机に置いて学習をします。

そろばんの場合は、検定に備えて本番と同じ時間感覚を身に付けることが目的ですが、一番は「集中・メリハリ」の部分の強化です。
小学生に限らず中高生も、分からない問題でひたすら1人で悩んでいたり、特に時間を意識することもなくダラダラしてしまったりする経験はあると思います。限られた時間内で、何を・どのように・どこまでするのか。学習効率を上げ効果を出すための方法は人によって異なりますが、時間を意識して行動することを忘れてはならないと思います。