東京大学面談にて、東大の物理の解法に関してのご質問が出ましたので簡単にまとめておきます。
まず高校物理では、微積分で解くという解法は、範囲外となりますので、学校では基本的に「微積分を使わない」形で指導していると思います。一方、鉄緑会、駿台などの難関大用の塾、予備校は、微積分で指導することが多いようです。(特に東大を狙う生徒に対しては)
そのため、微積分で解かないといけないと考えることもあるようですが、基本的に微積分を使わなくても解けるということを前提としておいて下さい。

微積分で解くと、例えば力学であれば、運動エネルギーから多くの公式が導き出されますし、また電気では、例えばLCR回路でも、位相の問題などを考えることなく?解くことが出来るなど利点?が出てきます。これは、利点というよりも本質的なものを使うから、という意味合いが大きいのですが、しかし一部、高校生で負担が大きいかな?と思われるのは事実です。

高校で習う物理の公式というのは、ある1つの公式(現象を説明したもの)を変形しているようなものですので、本質的な学習という意味では、(先に数学としての)微積分を学習した上でやられた方が良いというのが、私の見解です。ただし微分方程式、偏微分なども使いますし、何より一定の数学の力がないと、今度は式変形を理解するのに時間がかかり、受験物理の時間とならない可能性もあります。

よって、その辺りを考慮しながら、重要項目をチョイスした上で、式変形の部分に特化したものを先に作りますので、それで概念と簡単な変形を理解してもらい後は、問題をあたりながら、通常の解き方?でも微積分を使った解き方でも、どちらでもいいので、解いてみるという方法を取らせて頂きます。

基本書となるものを色々と探しましたが、駿台:新・物理入門 がスタンダードかと思われますが、為近先生の大学の数学の入門編?(物理)の本などもいいかも知れません。回路については、オーム社からの分冊の電気回路などもありますが(これは大学用)ともかく、東大を受験するツールとしての物理と考えますと、物理入門を軸に後は、こちらで作成したプリントというので十分かと思われます。

理3を受験する場合、どうしても「総合点」を考え戦略をねる必要が出てきます。戦略の一環としての物理と考えると、名門の森 などを
先に徹底的に理解し物理としてのベーシックを押さえた上で、余力で?上記の学習を行うと決めてかかって頂いても大丈夫かと思います。